小顔になる方法を確認【筋肉を小さくすることで小顔も目指す】

プチ整形や本格的な手術も

看護師

自信が持てるようになる

エラの張っている部分が気になるという方や体型は普通なのに顔だけが大きく見えるという方に人気となっているのが、ボトックス注射によるプチ整形や骨削りなどの手術です。これらは、美容整形外科で行う事が出来る小顔になる方法として知られており、美意識の高い方を中心に手術を受ける方が増えています。まずは、医師によるカウンセリングを行い、顔まわりの気になる箇所にどのような整形をするかを話し合います。顔まわりについている肉が原因で太って見える場合には、ボトックス注射によって筋肉を収縮させる事でスッキリとした輪郭にする事が可能です。輪郭を形作る骨そのものが張っている方の場合には、エラ削りや骨削りの整形手術を勧めており、予算や手術を行う日程などを話し合ってから手術を行います。ボトックスをエラや顔まわりに注射する方法は、1年半ほどで自然と元に戻り施術時間が短くダウンタイムが少ないのが特徴です。小顔になる方法の中では簡単に行えるものである事からプチ整形と呼ぶ方も多く、整形を行うのは初めてという方からも好評です。メスを使用して切開手術を行うエラ削りや骨削りは、麻酔を使用して2時間ほどかけて手術を行うため本格的な美容整形であると言えます。ダウンタイムの期間が2週間から1ヶ月ほどあり、手術後はしばらく安静にしている必要がありますが、ずっと小顔でいられるというメリットがあります。整形にかかる時間やダウンタイムには違いがありますが、どちらも入院しなくても行えるので比較的気軽に施術を受ける事が可能です。顔まわりの輪郭を整形するメニューは、日帰り手術を中心としたものがメインなので入院代などがかからず費用が計算しやすくなっています。手術を行う前に、必要となる予算を算出しやすいため金銭的にも安心した状態で手術を受ける事が出来ます。特にボトックス注射によるプチ整形の場合は、2万円前後で施術を行えるものもあり気軽に受ける方も多く好評です。また、顔が小さくなる事で全身のバランスが良くなり好きな洋服を選びやすくなるのも、小顔になる方法を行う方が多い理由であると言えます。ダイエットだけではスタイルのバランスを改善できなかったという方でも、顔を小さくする事で全身の印象が変わります。エラがスッキリする事で横顔部分に自信がつく方も多く、どの角度から写真を撮られても綺麗な輪郭の写真を撮ることが可能です。輪郭部分を中心にエラや顔周りをシャープに見せるための美容整形が人気となっている理由としては、顔が小さくなる事で様々な髪型を楽しめるようになる事が挙げられます。おくれ毛を作らずに顔が全部見えるような髪型など、顔の大きさが気になって出来なかったものに挑戦しやすくなります。小顔になる方法として知られる整形を行う事で、エラを見せるショートヘアなども自由に選べるのでオシャレが楽しくなる方も多く好評です。メイクにおいても、可愛らしい印象に見せるためのチークなどを輪郭を気にせずに積極的に使えるようになるため、好きな色の化粧品を楽しむことが可能です。シェーディングで小顔に見せるメイクをしていた方も、美容整形を行なうことで手間を省いて化粧が出来るようになります。

Top