小顔になる方法を確認【筋肉を小さくすることで小顔も目指す】

小顔になろう

鏡を見る人

シャープな印象を与えよう

小顔になる方法はいくつかあり、セルフトレーニングのある程度小顔にすることができます。例えば表情筋のトレーニングがあり、表情筋は顔全体の筋肉のことで表情筋を鍛えることによってすっきりとした小顔に整えることが可能です。顔の筋肉を全体的に積極的に動かすことによって小顔に繋がることができ、空いている時間を利用することができるでしょう。舌回しエクササイズも小顔効果があり、フェイスラインをすっきりすることができます。舌を回すだけなので自宅でも簡単にケアすることができ、耳たぶ回しなども効果があります。耳たぶ回しは耳たぶを回すだけですっきりとしたフェイスラインを手にすることができます。両方の耳たぶを持って回すだけなので簡単です。より小顔になりたい人は肩甲骨のストレッチを行うと良いでしょう。小顔と肩甲骨に関係があるのだろうかと不思議に思う人もいますが、肩甲骨などの動きが悪くなると顔がむくむことがあります。ずっとパソコンやスマートフォンを見ていると肩こりや首こりになり、結果的に肩甲骨のこりも引き起こすことになります。肩甲骨をストレッチすることで肩こりを解消することはもちろん、小顔にも効果的です。短期間で小顔になる方法として美容整形がおすすめです。整形と言っても注射を使うだけなので傷跡はほとんど目立たず、周囲の人にもばれないでしょう。エラなどの部位に注射することによって顔を引き締めることができ、小顔に仕上げることが可能です。施術時間が短くダウンタイムも短いので、仕事帰りに施術を受ける人もいます。小顔になる方法にはいくつかありますが、小顔と言われている人にはいくつか特徴があります。日本人の平均的な頭部の高さは女性の場合218.0mmになっていて、頭の横幅は153.3mmと言われています。頭の縦と横の幅が平均より小さければ、小顔だと判断することができるでしょう。だいたいA5サイズのノートぐらいの大きさになります。女性ならノートに顔がきれいに収まれば、顔が小さい人と言うことが可能です。とはいっても、顔が小さくて背が低いと全体的なシルエットとしてはあまり良くなく、顔が小さいというような印象を持たれないことがあります。顔が大きくても身長が高いと顔が小さいというイメージを与えることができるでしょう。体全体で見た時、小顔である目安となる特徴に頭身があります。頭身は頭の大きさを一つとした時に身長が何倍あるかを示したもので、よく7頭身や8頭身などと表現されています。日本人の平均は女性の場合7.1頭身ぐらいになっていて、モデルになると8頭身ぐらいになってきます。モデルのようなスタイルにするのは困難で、特に身長を高くするのは無理があります。そこで顔を小さくすることによって全体的なスタイルのバランスを良くすることができ、全体的な印象を良くすることができます。小顔になる方法にはセルフトレーニングなどのいくつか方法がありますが、美容整形手術もおすすめです。ボトックス注射を利用すると1本万円ぐらいで施術を受けることができ、顔を引き締めることによって小顔に整えることができます。

Top